名刺は自分の好きに印刷する

職種が営業でなくても名刺を持つと、社会人は挨拶がスムーズですよね。要するに自己紹介のカードですね。


会社で配られるものは安物のピラピラした紙で、シンプルすぎて全く記憶にのこらない印刷だったりしますけど、ある程度の自由がきくなら名刺は自分の好きに印刷するほうがいいです。名刺屋さんや印刷屋にもっていくと、型紙から選べます。


近頃は女性の営業職も増えていて、花柄であったり薄い紫や緑色の下紙に印字している人もおおいですよね。

それと、自分の好みに出来ていいのは入れる文章やレイアウトを自由に出来ることですね。

今までで一番良いな、と思った名刺は、裏がメモ用紙になっているものでした。

そこに書きこめるんですよね、頂いた方の印象やポイントなどを。


簡単な約束なんかもそこにかけるので便利だなあと感動しました。女性のもので、微かに香るものも頂いたことがあって、あれは好みによるかもしれませんが、私は印象が良かったですね。

次にあった時もすぐに思い出しました。


たくさんの人に配ってナンボの名刺は、勿論、あまり凝りすぎてもよくないでしょう。

ビジネスに華美すぎるものは嫌がられます。
しかし、あまりにも代わり映えしない、貰ってもすぐに忘れられてしまったり捨てられてしまうようなものでも仕事にはプラスになりませんよね。

ワンポイントの飾りや色など、自分の好みをさりげなくいれて印刷された名刺は、持っていると自分も大切に使おうと思うことでしょう。

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000029569
http://www.aj-pia.or.jp/
http://www.paj-pid.jp/link/

年賀はがき情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。